1. ドコモ光
  2. ドコモ光料金

【超簡単】ドコモ光の料金確認方法を電話・WEB別にやさしく解説!

「ドコモ光に加入しているけれど、思ったより料金がかかる気がする」「毎月の通信費をもっと安くできないかな」

そう悩んでいる方は、まずドコモ光の料金明細を確認するのがおすすめです。

料金明細を見直すことで、不要なオプションを発見したり、使い方に合わせてプラン変更を検討したりと通信費の節約にも繋がりますよ。

そこでドコモ光の料金明細を確認する方法と、通信費を抑えるために料金明細確認時にチェックするべき点を解説します。

ドコモ光の料金確認方法

ドコモ光では、資源の無駄を省くという理由により、通常、紙の請求書や明細書の発行は行っていません。

それでは、どうやってドコモ光の料金を確認するのか、ここでは3つの方法を紹介します。

電話で料金を確認する方法

ドコモ光の料金を確認する1つ目の方法は、下記のドコモ インフォメーションセンターに問い合わせる方法です。

ドコモ インフォメーションセンター
■ドコモの携帯電話からかける場合
 (局番なし)151 

■一般電話などからかける場合
 0120-800-000 

受付時間:9:00~18:00まで(年中無休)

電話で問い合わせる際は、下記のものが必要になるので、あらかじめ用意しておきましょう。

■ドコモの携帯電話を契約している場合

■ドコモの携帯電話を契約していない場合

接続後は、音声ガイダンスに従って操作するだけでOKです。

ただし、電話での問い合わせには受付時間がある上に、混み合っていてなかなかオペレーターに繋がらないことがあります

すぐに料金を確認したい方は、次に紹介するWEBサイトやアプリから確認しましょう。

WEBサイトで料金を確認する方法

ドコモ光の料金は、WEBサイト(My docomo)上でも確認できます。

  1. パソコンまたはスマホのブラウザで「My docomo」にアクセスする
  2. dアカウントのIDとパスワード(またはネットワーク暗証番号)を入力しログインする
  3. 「料金」をタップする
  4. 「ご利用料金の確認」をタップする
  5. 確認したい月をタップする
  6. 「電話番号を選択」で「F**********」または「COP********」(※は数字)を選択し「表示」をタップする

WEBサイトからなら24時間いつでもチェックできるので急いでいる時も便利です。

また、このWEBサイトから確認する方法では、当月分の他に、過去4ヶ月分の明細も確認できます。

アプリで料金を確認する方法

スマホを使用している方はMy docomoアプリからでもドコモ光の料金を確認できます。

  1. 「My docomoアプリ」を開く
  2. dアカウントのIDとパスワードを入力しログインする
  3. 「料金」をタップする
  4. 下の方にスクロールし「ご利用料金の確認」をタップする
  5. 確認したい月をタップする
  6. 「電話番号を選択」で「F**********」または「COP********」(※は数字)を選択し「表示」をタップする

My docomoアプリでも、当月分と過去4カ月分の明細が確認できます。

料金明細の送付サービスを利用する方法

電話やアプリではなく、毎月紙の書類で料金を確認したいという方もいらっしゃると思います。

そういう方には、ドコモショップまたはWEBサイトの「ドコモオンライン手続き」から申し込める「料金明細発行サービス」がおすすめです。

「料金明細発行サービス」に申し込むと、当月と過去4ヶ月分までのドコモの通話・通信の料金明細内訳書を発行してもらうことができます。

発行方法は「WEB上でPDF形式で閲覧・ダウンロード可能にする」か、または「郵送」のどちらかを選択できます。

WEB上を選択した場合は申し込み日から約5日後に掲載され、郵送の場合は申し込み日から約10日後に到着します。

なお、明細書を郵送してもらう場合は、1利用月ごとに下記の作成料と郵送料がかかります。

■料金明細発行手数料
  WEB 郵送
作成料 無料 100円(税抜)
郵送料 77円(税込)

また、これからずっと書面で毎月の料金明細内訳書を確認したい方は、「料金明細郵送サービス」を利用するという手もあります。

「料金明細郵送サービス」に申し込むと、毎月作成料100円(税抜)と77円(税込)の郵送料がかかる代わりに、申し込み月の翌月からずっと送付してもらえるようになります。

ドコモ光の料金の内訳を解説!

光回線の通信費を節約するなら、明細を見て何にどれだけかかっているかを把握することが大切です。

そこで、ドコモの料金明細のうち、ドコモ光に関係する主な項目が何の料金を指しているのかをまとめました。

■ドコモ光の内訳明細の内容
項目 意味
(ドコモ光)基本使用料

ドコモ光回線の基本使用料

※プランごとに名称が違う

ドコモ光電話基本使用料

ドコモ光電話の基本使用料

(光電話申込者のみ)

ドコモ光電話バリュー基本使用料

ドコモ光電話バリュー加入時の基本使用料

回線工事料

ドコモ光の工事代

土日祝日加算工事料

土日祝日夜間などに工事時の割増料金

契約事務手数料(ドコモ光)

ドコモ光の事務手数料

ネットトータルサポート

同名の有料オプションの利用料

デジタル機器補償サービス
ドコモ光電話工事料

光電話の工事料

光ドコモ割 or 割引料

ドコモ光セット割による携帯電話料金の割引

※一括請求合計や携帯電話の明細に記載

※内訳名は代表的なものです。加入しているサービスやオプションによっては上記以外の内訳が記載されることがあります。

一括請求合計にある「回線ご負担額」とは?

ドコモ光に加入されている方の「一括請求合計」の内訳明細には、下記のような「回線ご負担額」という項目が記載されています。

■一括請求合計の内訳明細の例
料金 項目名
13,500円 ウルトラシェアパック30定額料
4,200 ドコモ光基本使用料
-2,500円 割引料
-4,200 回線ご負担額

※加入しているプランによって項目名・料金は変わります。

一見すると、「回線ご負担額」によってドコモ光基本使用料と同額の割引がされているように見えますね。

しかし、残念ながら「回線ご負担額」はドコモ光の料金を0円にする割引ではありません。

この「回線ご負担額」は、「ドコモ光とスマホをセット加入中だから、スマホの料金から『割引料』分だけ割引します」という途中経過を説明するためだけの項目なんです。

何だかややこしく思えますが、ドコモ光の月額料金は「ドコモ光基本使用料」の通りに支払っている、ということだけ覚えておけばOKです。

ドコモ光セット割の割引額がどうやって決まる?

ドコモ光をセットで加入すると、ドコモのスマホの料金が安くなる「ドコモ光セット割」

このドコモ光セット割のためにドコモ光への加入する方も多いですよね。

果たしてどれだけスマホの料金が安くなるのか、プラン別に割引額をまとめました。

ドコモ光セット割の割引額

2019年6月より始まったギガホ及びギガライトに加入している場合は、次の通り割引を受けられます。

■ギガホ・ギガライトの割引額
料金プラン 割引額
ギガホ 1,000円

ギガライト

(3GB以上※)

500円~1,000円

上記の割引は、契約者のご家族内のギガホ・ギガライト加入者全員が受けられます。

ただし、ギガライトでも、データ使用量3GB未満の場合は割引対象になりません。

一方、従来のパケットパックに加入している場合の割引額は次の通りです。

■パケットパックの割引額
料金プラン 割引額
ウルトラシェアパック100 3,500円
ウルトラシェアパック50 2,900円
ウルトラシェアパック30 2,500円
ベーシックシェアパック 800円~1,800円
ウルトラデータLLパック 1,600円
ウルトラデータLパック 1,400円
ベーシックパック 100円~800円

この通り、「ドコモ光セット割」はプランによって割引額が変わるので、これからドコモ光に加入される方、スマホのプラン変更をお考えの方は事前に割引額も含めた料金を確認しておきましょう

ドコモ光はプロバイダごとに料金が変わる?

ドコモ光では、プランやプロバイダ次第で月額料金が変わります。

「同じドコモ光のはずなのに、他の人に比べて自分の家の料金が高い」という場合は、プランやプロバイダが原因かもしれません。

ドコモ光のプランとプロバイダごとの料金について解説します。

ドコモ光のプラン

ドコモ光の個人住宅向けプランには、次の4つがあります。

このうち、「単独タイプ」と「ドコモ光ミニ」は、自分で別途プロバイダを探して契約するタイプです。

自分が好きなプロバイダを自由に選べる反面、契約に手間がかかるというデメリットがあります。

一方、「タイプA」と「タイプB」はプロバイダ一体型のプランです。

光回線契約時に、指定のプロバイダの中からどれかを選んで同時に契約するため、申し込み手続きの手間が省けます。

また、契約するプロバイダにもよりますが、月額料金も一体型の「タイプA」「タイプB」の方が割安になることが多いです。

■ドコモ光のプラン別月額料金
プラン 月額料金(※1)

タイプA

(プロバイダ込)

戸建て 5,200
マンション 4,000

タイプB

(プロバイダ込)

戸建て 5,400
マンション 4,200

単独タイプ

戸建て 5,000
マンション

3,800

+プロバイダ料金

ドコモ光ミニ

戸建て

2,700円~5,700円

+プロバイダ料金

※1 2年定期契約時

「単独タイプ」や「ドコモ光ミニ」は、「タイプA」や「タイプB」では加入できないプロバイダに加入したい、という時に利用するのがおすすめです。

タイプAとタイプBの違いは?

「タイプA」と「タイプB」では、「タイプA」の方が月額200円分安くなっています。

では、サービス面でこの2つのプランにどんな違いがあるのかというと、選べるプロバイダが違います。

■プロバイダ比較
プラン プロバイダ
タイプA

ドコモnet

ぷらら(plala)

GMOとくとくBB

@nifty

など全18社

タイプB

OCN

@T COM

TNC

Asahi Net

など全6社

「タイプA」の方が安いとはいえ、光回線の品質やドコモ光自体のサービスに差があるわけではありません。

プロバイダごとの独自サービスやキャンペーンがあるので、各プロバイダのサービスをチェックしてから、気に入ったプロバイダが含まれるプランを選ぶのがおすすめです。

ドコモ光の料金確認時にこれだけはチェック!

ドコモ光の明細を見る時に注意したいのが、オプションの契約状況です。

というのも、ドコモ光に加入する際、キャッシュバックキャンペーンなどを適用するために余分な有料オプションへの加入している場合があります。

実際にその有料オプションを活用しているのであれば良いですが、全く使っていないのであれば余計な出費にしかなりませんよね。

例えば、次のオプションは要チェックです。

ネットトータルサポート

「ネットトータルサポート」は、月額500円でドコモ光の訪問サポートや遠隔サポートなど、通常よりも手厚いサポートを受けられるサービスです。

機器のトラブル時や接続設定がわからない時、スタッフが自宅までやってきて対応してくれるので、パソコンや周辺機器の操作に自信がないという方は加入していても良いかもしれません。

ただし、「ネットトータルサポート」に加入しなくても電話やチャット、メールによるサポートは受けられるので、そこまで手厚いサポートはいらないという方は加入する必要がないとも言えます。

1年間で6,000円かかるオプションなので、節約を考えている方は「ネットトータルサポート」を使う機会があるかどうか、今一度見直してみるべきでしょう。

また、キャンペーンによっては申し込み時には「ネットトータルサポート」への加入が適用条件になっているものもあります。

「ネットトータルサポート」の料金は開通工事後31日間は無料なので、後で解約するつもりだったのに手続きを忘れてそのまま料金を払い続けている、というパターンもあるので注意が必要です。

デジタル機器補償サービス

「デジタル機器補償サービス」は、月額500円でドコモ光に接続している機器の故障時に修理や代替品の提供などをしてもらえるサービスです。

ドコモ光に接続しているパソコンやテレビ、ゲーム機などが対象ですが、他の保証・補償サービスに加入している方は、サービス内容が被ってしまっている場合も多いです。

「デジタル機器補償サービス」を含め、複数のデジタル機器の保証・補償サービスに加入している方は、どちらかに絞ると節約に繋がりますよ。

dマーケットアプリのサービス

ドコモが提供する「dマーケットアプリ」では、通販・音楽・動画・ゲームなど便利な21のサービスが提供されています。

「dマーケットアプリ」の中には下記のように1度加入すると毎月サービス料が発生するものもあるので、使っていないサービスがないかチェックしましょう。

■dマーケットアプリの月額料金
サービス名 月額料金(税抜)
dTV 500円
dTVチャンネル 780円
dマガジン 400円
dヒッツ 300円
dフォト 280円
dアニメストア 400円
dグルメ(プレミアム) 400円
dヘルスケア 300円
dエンジョイパス 500円

ドコモ光電話のオプション

ドコモ光電話のオプションに加入している方は、そちらも見直しましょう。

■ドコモ光電話のオプション
光電話オプション名 内容
通話中着信★ 通話中に第3者から電話があった場合、通話を保留して第3者と通話する
転送でんわ★ かかってきた電話を指定した番号に転送する
発信者番号通知★ 相手の電話番号にディスプレイに表示される
ナンバー・リクエスト★ 電話番号非通知でかけてきた相手に通知してかけるよう伝える
迷惑電話ストップサービス★ 迷惑電話番号として登録した電話番号の着信拒否
着信お知らせメール★ 着信があった場合に指定したメール宛に通知する
ダブルチャネル 光電話1契約で、同時に2回線分の通話ができる
追加番号 最大5つの電話番号を利用できるようにする

なお、★が付いているオプションは、ドコモ光電話バリューに加入していると、追加料金なしで利用できます。

ドコモ光の料金確認方法のまとめ

ドコモ光の料金の確認は電話やWEBサイトまたはアプリから簡単かつ無料でできます。

定期的に明細をチェックすることで、不要なオプションを発見できるかもしれません。

例えば、月額500円の不要なオプションに加入していると、それだけで1年間6,000円というあなどれない金額になります。

通信費の節約したい方は、まず、明細を確認してオプションやサービスを見直すのがおすすめです。

 

関連記事
ドコモ光の料金確認方法 【超簡単】ドコモ光の料金確認方法を電話・WEB別にやさしく解説! ドコモ光の料金を確認する方法は、電話とWEBの2種類あります。料金明細の送付サービスもありますが、有料になってしまうため、節約を考える方は自身で調べるのがおススメです。特...
ドコモ光ミニの詳細 ドコモ光ミニは落とし穴が満載!?プランの詳細や注意点を細かく解説
ドコモ光料金
ドコモ光の月額料金や速度などについて解説しています。ドコモ光ミニはプロバイダの契約が無い従量制のプランです。そのため、ネットの利用頻度によっては割高になってしまいます...
ドコモ光セット割の割引期間について ドコモ光セット割の割引期間はいつまで?家族でお得に使う条件とは ドコモ光のセット割は新プランの登場により、家族での割引が受けやすくなりました。ただ、割引適用の条件がいくつかあるため、知らないと割引期間が強制終了する危険があります。...
ドコモ光のセット割で子回線をお得に使う方法 ドコモ光セット割は子回線に適用されない?子回線も安い新プランとは… ドコモ光のセット割は、新プランと旧プランによって子回線への割引が大きく変わります。旧プランの割引は子回線への適用条件が厳しかったのですが、新プランでは子回線への適用範...
ドコモ光タイプCは速度が遅くて高い!?料金形態やデメリットまとめ ドコモ光タイプCは速度が遅くて高い!?料金形態やデメリットまとめ ドコモ光のタイプCについて解説しています。ドコモ光のタイプCは、ケーブルテレビ回線を利用した料金プランです。現在ケーブルテレビ回線を利用している方であれば、工事なしでド...