WiMAXは便利だけど注意も必要!デメリットを徹底解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

モバイル回線でエリア内ならいつでもどこでも通信できるWiMAX2+ですが、契約前に知っておきたいデメリットもいくつかあります。

WiMAX2+は2年以上の長期間使い続ける前提のサービスなので、メリットだけでなくデメリットについてもしっかり理解・納得した上で契約しましょう。

この記事では、WiMAX2+のデメリットについて詳しく解説します。光回線との比較も行なっているので、参考にしてください。

WiMAXのキャンペーンで損をしない選び方と月額料金の落とし穴

知っておきたいWiMAX2+のデメリット

直近3日間に10GB以上通信していると夜に速度制限がかかる

WiMAX2+は、直近3日間の通信量が10GBをオーバーしている場合翌日の18時から翌々日2時にかけて通信速度が「概ね1Mbps」に制限されてしまいます。
つまり常時高速で通信したいなら、通信量は最大でも1日約3.3GBに留めなければいけません。

速度制限中の「概ね1Mbps」という速度では、動画の再生やアプリのダウンロードはもちろん、ネットサーフィンやSNSを使っている時も読み込みに時間がかかりイライラさせられてしまいます。

WiMAX2+を契約したら、使いすぎに注意しましょう。

特にPS4やSwitch、パソコンなどでゲームをダウンロードしたり動画を見たりすると通信量の消費が激しく、1日で10GB以上の通信量になってしまうこともあります。

なお言い換えれば、18時〜2時に使わないのであればWiMAX2+で速度が低下しても全く関係ありません。
WiMAX2+を主に朝から夕方にかけて利用予定で夜は使わないなら、速度制限につい的にする必要はないでしょう。

契約は自動更新、中途解約では契約解除料がかかる

WiMAX2+では、2年や3年の契約期間を満了するまで常時契約解除料がかかります。例えば3年契約のプランで契約した場合の契約解除料は、以下の通りです。

契約解除料
1〜13ヵ月目19,000円
14〜25ヵ月目14,000円
26〜37ヵ月目9,500円
38ヵ月目0円

契約更新月中に解約をしなければ、また2年や3年といった同じ条件の契約がスタートします。 ただし解約金は、次に無料で解約できる契約更新月まで9,500円(税抜)に固定です。

WiMAX2+を契約する際は、契約更新月以外に解約すると契約解除料がかかってしまうことを覚えておきましょう。

au回線を使えるハイスピードプラスエリアを利用する時はいくつかの注意点が!

WiMAX2+では、対応するルーターで契約することでau回線の「ハイスピードプラスエリアモード」を利用できます。
ハイスピードプラスエリアモードなら、WiMAX回線で通信できない場所でもau回線を使って通信できることがあります。圏外になってしまった時などに、活用しましょう。

ただし、2年契約のプランで契約している場合は、ハイスピードプラスエリアモードを利用すると1回使っただけでもその月に利用料金1,005円(税抜)が発生してしまいます。

またハイスピードプラスエリアモードで通信量を7GB使うと、通常モードも含めて月末まで最大128kbpsに速度を制限されてしまいます。 WiMAX2+でハイスピードプラスエリアモードを使うときは、以下の2点に注意しましょう。

光回線などに比べると通信速度は遅い、実測はさらに下がる

WiMAX2+の最新ルーター・W05では下り最大708Mbpsに対応しています。十分高速ですが、708Mbpsでも光回線に比べると速度は遅めです。

例えばauひかりやフレッツ光なら、最大1Gbpsの通信速度に対応しています。より高速で通信したい方は、高速で通信できる光回線を利用した方が良いでしょう。
またWiMAX2+は屋内だと壁に遮られるなどして速度が下がります。
屋外でも場所によっては電波が弱かったり、圏外になったりすることがあります。

WiMAX2+はスペック上の速度も光回線に劣りますが、実測においてさらに差が出ることもあるので注意しましょう。

目次へ戻る↑

知っておきたい、WiMAX2+を契約するメリット

速度や料金面でのデメリットに気をつけなければならないWiMAX2+ですが、もちろん契約するメリットもあります。

手軽にインターネットを使いたい人には、WiMAX2+が最適です。続いて、WiMAX2+のメリットをチェックしましょう。

エリア内なら、ルーターを持ち歩けばいつでもどこでも通信できる

WiMAX2+は、エリア内であればルーターを持ち運んでいつでもどこでも通信できます。
光回線やケーブルテレビ回線のような自宅用回線は家の中でしか使えませんが、WiMAX2+なら場所を問いません。

外出している時間が長く光回線などの自宅用回線を使いこなせない人は、WiMAX2+を契約して常時持ち運べばいつでも通信ができて安心、無駄がありません。

単体でWi-Fi接続に対応している

光回線などの自宅向けサービスは、契約してもWi-Fi接続用のルーターがオプションの有料サービスだったり、提供辞退されておらず自分で用意する必要があったりします。

WiMAX2+ならルーターにWi-Fi接続機能が備わっているので、別途オプションを購入しなくてもスマートフォンやタブレットなどをインターネットに接続させられます。

ちなみに機器によっては、オプションのクレードルを購入することで有線LANでの接続もできます。 より安定したインターネット接続を行いたいときは、有線接続をしましょう。

光回線やケーブルテレビのインターネット回線と違い、工事をする必要がない

自宅で使う高速通信可能なインターネット回線サービスは、工事をしなければ使えません。
混雑している時期は工事をするまでに1ヶ月以上かかってしまうこともあるため、導入が大変です。

また自宅用回線のサービスは、契約だけでなく解約の時にも工事が必要です。二重に手間がかかってしまうので、注意しなければいけません。
引越しの時も、光回線などは引越し先で再び工事が必要になってしまいます。引越しが多い方は面倒に感じてしまうでしょう。

WiMAX2+なら工事不要で、契約してルーターを手に入れればすぐに使い始められます。引越し後もエリア内ならルーターをそのまま使えて、解約時も工事は不要です。
転勤が多い、家にいない時間が長いなどの理由で自宅用のインターネット回線を契約するのが面倒な人は、WiMAX2+を契約した方が快適に感じられるでしょう。

【具体的な工事方法・注意点をおさらい】auひかり開通工事、乗り換え手順

目次へ戻る↑

WiMAX2+をiPhoneで使うときに注意したいこと

iPhoneでWiMAX2+の回線を利用する時に注意したいのは、通信量の消費(使いすぎ)です。
使いすぎると速度が下がってしまうので、利用の際は定期的に現在の通信量を確認しましょう。

動画の見過ぎに要注意

iPhoneでWiMAX2+の回線を使って動画を見るときは、通信量を激しく消費します。
特にHDやフルHD、4Kといった高画質な動画を見ていると、あっという間にWiMAX2+で速度制限がかかる条件の「直近3日間に10GB」以上の通信をしてしまうでしょう。

例えばYouTubeでHDより上の超高画質動画を見ると、1分間で約23MB消費します。1時間で約1.4GBの消費となるため、7時間程度動画を見れば10GBに達してしまいます。

iPhoneで動画を見るときは画質をある程度下げたり、1日の視聴時間を短めに押さえたりして速度制限にかからないように対策しましょう。

ゲームアプリのダウンロードは容量を確認しよう

WiMAX2+の回線を使ってアプリをダウンロードする時、特にゲームアプリでは通信量に注意しなければいけません。

ゲームアプリの中には1つだけでも1GBや2GBなどの大容量となっているものがあります。ダウンロードを始める前に、AppStoreで通信量を確認しましょう。

目次へ戻る↑

WiMAX2+とauひかりを比較!

最後に、WiMAX2+をauひかりのサービス内容を比較します。
モバイル回線のWiMAX2+と自宅用の光回線サービスであるauひかりでは、仕様が大きく異なっています。どちらにもメリットとデメリットがあるので、自分に合っている方を選びましょう。

auひかりのデメリットも参考にしてください。

回線の安定度や速度はauひかりの方が有利

WiMAX2+は屋内だと障害物や壁に電波が遮られるため、速度が屋外で通信する時よりも弱まってしまいます。結果として速度は不安定になりがちです。
しかし、auひかりなら自宅まで配線が繋がっているため、WiMAX2+と比べると速度の安定度は高めです。

屋内でのみ通信できれば良いなら、より安定しているauひかりを選んだ方が満足度は高いでしょう。

またWiMAXは最大速度が2018年3月時点で下り最大708Mbps、上り最大75Mbps(W05契約時)ですが、auひかりなら通常プランでも上り・下り最大1Gbpsに対応済みです。
さらにauひかりでは、戸建住宅向けに一部の地域で最大6Gbpsや10Gbpsのプランも提供されます。

より高速で通信したい人も、WiMAX2+ではなくauひかりを選んだ方が満足度は高くなるでしょう。

参考記事
auひかりの実際の速度はどのくらい?1Gbpsは無意味かもしれない
モバイルWi-Fiとauひかりの比較

auひかりなら厳しい速度制限がない

WiMAX2+では直近3日間に10GB以上通信すると速度制限がかかりますが、auひかりならこのような厳しい制限がありません。

auひかりの速度制限は、1日に30GB以上のデータを継続的に送信した場合にのみ速度制限がかかり、制限されるのもデータのアップロード速度のみです。
例えばクラウドストレージにHDDから毎日数GBの動画ファイルなどを大量にアップロードすると速度制限がかかる可能性がありますが、当てはまる人はなかなかいないでしょう。

自宅でより自由に通信したい人には、WiMAX2+よりもauひかりの契約がおすすめです。

auひかりの速度制限は存在する?

WiMAX2+のメリットは、家でも外でも使えること

auひかりでなくWiMAX2+を選ぶことで得られるメリットは、外出先でも自由に通信できることです。
auひかりは確かに高速で、通信制限も厳しくありません。しかし家から離れた場所では使えないので、利用場所の豊富さではルーターを持ち運んで外でも使えるWiMAX2+に劣ります。

家でも外でも通信できる環境が欲しい方は、WiMAX2+を選びましょう。

まとめ
WiMAX2+のデメリットは、自宅用の光回線などに比べて速度が遅かったり、「直近3日間に月10GB」以上通信すると18時から2時まで速度制限がかかってしまったりすることです。

ただし代わりに、WiMAX2+にはルーターを持ち運ぶことで家でも外でも通信できるメリットがあります。工事の手間もかかりません。
家であまりインターネットをしない人や引越しが多い人は、モバイル回線で手軽にインターネットを使えるWiMAX2+を検討してみてはどうでしょうか。


目次へ戻る↑
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
工事なし!Softbank Airの特徴を徹底解説!デメリットにも注意しよう Softbank Airは開通工事なしでルーターを設置するだけでインターネットが使えるため、注目を集めている回線です。またスマホ割や速度制限無しも人気の秘密です。しかし、速度面や...
auスマートバリューとは?スマホセット割引適用方法と注意点をまとめました
auひかり
auひかりはauスマホとのセット割りであるスマートバリューが適用可能です。毎月最大2,000円の割引となり非常にお得なのですが、セット割引を適用するためにはいくつか条件があるの...
auひかりの実際の速度はどのくらい?1Gbpsは無意味かもしれない
auひかりは最大1Gbpsの高速通信が可能です。しかし、あくまで理論上の最大速度なので実際に1Gbpsの速度で使う事は不可能です。このページでは実際にauひかりで使える速度や、具体...
【1Gbps光ファイバー】1ギガって結局どのくらいの速度?
速度
auひかりは他の事業者よりも高速で快適にインターネットが楽しめると良く言われますが、具体的にどのくらい速いのでしょうか?単純に1Gbpsと言われても想像がつかないかたも多いと...
WiMAXのキャンペーンで損をしない選び方と月額料金の落とし穴 WiMAXは通常のモバイル回線と比べて高額キャッシュバックを実施していますが、キャンペーンだけで決めるのは禁物です。月額料金のカラクリを知らないと大きく損をしてしまう事があ...