auひかり乗り換えガイド> auひかりの基礎>ずっとギガ得プラン

auひかりは3年契約の方がお得?ずっとギガ得プランを徹底解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加

auひかりには、ホームタイプとマンションタイプの2つがあり、どちらもその中でいくつかのプランに分かれています。 基本的にプロバイダーによる料金の上下がありませんので、とても分かりやすい料金システムです。

ただ、それでもホームタイプでは、「標準プラン」、「ギガ得プラン」、「ずっとギガ得プラン」といった複数のプランが用意されております。
特に、「ギガ得プラン」、「ずっとギガ得プラン」は名前も似ているため、初めての人だと違いが分かりづらいでしょう。

このページでは、戸建て住宅用ホームタイプの料金の違いと、どのプランがお得なのかを解説していきます。

auひかりホームタイプの料金プラン

auひかりのホームタイプには3つのプランが存在し、 申し込み時に「標準プラン」「ギガ得プラン」「ずっとギガ得プラン」の中から自分にあったプランを選ぶ必要が出てきます。
それぞれ特徴を詳しく解説していきましょう。

auひかり標準プラン

月額料金初期工事費 契約期間違約金
6,300円
プロバイダ料込
1,250円×30カ月
(合計37,500円)
光電話申込で実質無料
なし0円
契約期間による違約金なし

auひかりホームタイプの中で、1番シンプルなのが「標準プラン」になります。 このプランは一般的な戸建てタイプの定額制料金です。

特徴としては、契約期間の縛りがないため、いつでも無料で解約やプランの変更ができます。
ただ、解約料の心配はありませんが、その分月額料金がホームタイプの中で1番高くなっています。

また、工事費を分割で支払った場合は、30か月以内に解約すると残りの工事費を負担しないといけません。 なお、auひかりは新規申込によってキャッシュバック等のキャンペーンを受けられることが多くあります。
しかし、「標準プラン」はキャンペーンの対象外となっていることがあるため、申し込みの際には確認が必要です。

キャンペーンについてはauひかりのお勧めキャンペーンも参考にしてください。

auひかりギガ得プラン

月額料金初期工事費 契約期間違約金
5,200円
プロバイダ料込
1,250円×30カ月
(合計37,500円)
光電話申込で実質無料
2年間
自動更新
9,500円
更新月以外で解約すると違約金発生

2年の契約期間を設けることによって、標準プランより1,000円以上安く抑えられるのが「ギガ得プラン」の特徴になります。
auひかりが広まる理由にもなったプランといっていいでしょう。

契約期間は、2年ごとの自動更新となります。 2年ごとに訪れる更新月以外に解約をすると9,500円の違約金が発生するので注意が必要です。

auひかりずっとギガ得プラン

月額料金初期工事費 契約期間違約金
1年目:5,100円
2年目:5,000円
3年目以降:4,900円
プロバイダ料込
1,250円×30カ月
(合計37,500円)
光電話申込で実質無料
3年間
自動更新
15,000円
更新月以外で解約すると違約金発生

現在、auひかりホームタイプの中で、主流となっているのが「ずっとギガ得プラン」です。 「ずっと」がついているだけあって、「ギガ得プラン」よりも契約期間は1年長くなっています。

しかし、利用年数も応じて月額料金がどんどん安くなっていくという最大の特徴があります。 いわば、「ギガ得プラン」の進化版といったところでしょう。

ずっとギガ得プランの料金

なお、契約期間は3年ごとの自動更新となっており、更新月以外での解約には15,000円の違約金が発生します。 この自動更新というシステムは「ギガ得プラン」、または他社の光サービスと比べても同じです。

ただ、大きく違う点は、 更新月が2ヶ月間設けられているため、解約や、他のサービスへの乗り換えを考えている場合には、とても余裕がもてます。 ほとんどのサービスが1ヶ月しか更新月がない中で、2倍の期間を設けているのは大きなメリットといえるでしょう。

関連記事
auひかりの料金

ずっとギガ得プランの更新月
目次へ戻る↑

auひかりホームタイプのサービス内容について

ここまで、各料金プランを比較してきましたが、サービスの内容に大きな違いはあるのでしょうか。 実は、ホームタイプの違いは契約期間と月額料金の違いだけで、性能やサービス面では全く同じ内容なのです。

ホームタイプの回線速度

ホームタイプの回線速度は、上り下り最大1Gbpsになります。
これは、ホームタイプであればどのプランを契約しても同じです。

もともと、auひかりは「通信速度が速い!」という声がよくあげられます。 その理由には、おおもとの設備を少なめの人数で共有しているからです。

他のNTT回線などにくらべて、ムリのない人数で設備を共有するため、実行速度が高いレベルで利用できます。 また、利用人口もNTT回線などに比べて少ない影響もあり、回線の混雑が起きにくいといわれています。

auひかりの実際の速度はどのくらい?

auスマートバリューでスマホセット割引

このauスマートバリューがauひかりの最大のメリットともいえるでしょう。 auひかりと携帯、タブレットをセットで使うことで、月額料金から毎月934〜2,000円が割引されます。
しかも、家族の分も含めて最大10回線まで適用可能です。できます。ただ、適用条件としては「ひかり電話」(500円/月)の加入が必要となります。

上記の、auひかりの武器ともいえる通信速度やスマートバリューは、ホームタイプであればまったく同じ条件で利用できます。 プランによって性能やサービス内容に差がないのでは安心でしょう。

目次へ戻る↑

ずっとギガ得プランが選ばれる理由

近年、auひかりホームタイプの中で主流となっているのが「ずっとギガ得プラン」です。
これは単に毎月の料金が安いからといった理由だけではなく、解約における時期と費用からみても選ばれる理由があります。 解約の際のリスクで考えると、縛りのない「標準プラン」が1番安全に感じるでしょう。

しかし、auひかりには全プラン共通で1,250円×30ヶ月の工事費が発生します。
同時に、光電話加入による1,250円×30ヶ月の割引が適用されますが、30ヶ月経過せず解約した場合、当然この割引は適用外となります。 つまり、工事費の残った未払い金を支払わなければなりません。

30ヶ月利用した場合の比較

標準プラン

解約における費用は0円。
しかし、解約するまでに月々6,300円×30ヶ月のため、2年半での出費が189,000円となります。

ギガ得プラン

30ヶ月経過で初期工事費の負担はありませんが、2年契約の自動更新が過ぎてしまっているため、解約してしまうと9,500円の違約金が発生します。
無料で解約するには残り18ヶ月(1年半)の利用が必要です。

ずっとギガ得プラン

36ヶ月の契約のため、30ヶ月の時点でまだ6ヶ月(半年)の契約期間が残ってしまいます。 しかし、残り6ヶ月使っても支払額は合計180,000円と「標準プラン」を30ヶ月使うより安いです。
さらに、「ギガ得プラン」に月額料金は5,200円、「ずっとギガ得プラン」は4,900〜5,200円なのでどちらが安いかは明らかです。

目次へ戻る↑

ずっとギガ得プラン まとめ

ここまでauひかりホームタイプの各種プランを比較してきました。
結果、各プラン無料で解約できるまでの出費を比べると「ずっとギガ得プラン」が1番お得になっているのがわかります。 これが、近年1番選ばれている理由になるといえます。

auひかりのホームタイプを契約する際には、特別な理由がない以上「ずっとギガ得プラン」で契約するのがオススメでしょう。

目次へ戻る↑
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
auひかりの月額料金
auひかり戸建てとマンションタイプの月額料金を解説|2年縛りと3年縛り、違約金の違いなど
So-net光とauひかりの違い
So-net光って何?光コラボとは?auひかりとの違いを徹底解説
So-netのキャンペーン
キャンペーン内容を徹底解説・auひかり対応プロバイダではキャッシュバック最高額!So-netのキャンペーンは本当にお得なのか?
キャッシュバックまとめ
auひかりのキャッシュバックで損をしない方法【まとめ】
auひかりキャンペーンの注意点を解説
違約金無しでauひかりに乗り換える方法
高い違約金は払いたくない!違約金負担無しでauひかりに乗り換えるには?