1. NURO光
  2. 回線比較

代理店とプロバイダってどう違う?窓口選びのチェックポイントを解説

回線比較

ネット回線の窓口はたくさんありますが、その中でもキャンペーンの種類が豊富なのが代理店とプロバイダです。

代理店とプロバイダは数も多いので、「どこで申し込むのが一番お得なの?」と迷う人もいるでしょう。

この記事では、代理店とプロバイダのそれぞれの違いや、どちらから申し込むべきか、人気の光回線のおすすめの窓口を紹介します。

代理店はネット回線の販売を行う業者

代理店はネット回線の販売を行う業者

代理店とは、NTTやauなど通信事業者の代わりにネット回線を販売する専門業者です。

通信事業者の代わりに販売するだけなので、代理店が光回線や通信設備を持っているわけではありません。

代理店がネット回線を売ると、NTTやauなど通信事業者から成功報酬(コミッション)が支払われます。

成功報酬は1件ごとに支払われるので、代理店はネット回線の販売数が多ければ多いほど利益が増えるしくみです。

通信事業者も自分の会社の社員に営業をさせる必要がないため、人件費がかかりません。
代理店がネット販売を売ることで、通信事業者と代理店はお互いWin-Winの関係を築いているのです。

プロバイダはインターネットの接続事業者

プロバイダはインターネットの接続事業者

プロバイダとは、光回線をインターネットに接続するための事業者です。

「光回線があればネットにつながるんじゃないの?」と思った人もいるでしょう。

実は、光回線に契約するだけではインターネットは使えません。

光回線とは別にプロバイダの契約を結び、ONUやホームゲートウェイなど通信機器とつないで、プロバイダの接続設定をしてようやくインターネットに接続できるのです。

プロバイダについて分かりやすく図解
出典:NTT東日本「教えて!プロバイダって何?」

プロバイダは、パソコンやスマホなどの通信機器と光回線をつなぐための「仲介役」だと考えると分かりやすいでしょう。

インターネットに接続するための事業者なので、プロバイダは光回線を持っていません。

しかし、最近は光回線とプロバイダがセットになった「光コラボ」を提供する通信事業者も増えてきました。

そのため、プロバイダが光回線の販売窓口となるケースも多くなっています。

■光回線を販売しているプロバイダ一覧
プロバイダ名 販売している回線
So-net auひかり、NURO光So-net光プラス、コミュファ光、フレッツ光
BIGLOBE BIGLOBE光、auひかり、eo光、コミュファ光、フレッツ光
OCN OCN光、ドコモ光
@nifty @nifty光、auひかり、ドコモ光、eo光、コミュファ光、フレッツ光
GMOとくとくBB ドコモ光、フレッツ光、auひかり

申し込みは代理店とプロバイダのどっちでもOK!

申し込みは代理店とプロバイダのどっちでもOK

結論を言うと、代理店とプロバイダのどちらでネット回線に申し込んでも、対応エリアや速度などのサービス内容は変わりません。

代理店とプロバイダの大きな違いは、申し込み時に受け取れる特典の内容でしょう。

ネット回線は、家電量販店や回線事業者などからも申し込めますが、とくに代理店とプロバイダでは、お得な特典を用意していることが多いです。

代理店とプロバイダが用意する申し込み特典には、次のようなものがあります。

  • キャッシュバック
  • 月額料金の割引
  • Wi-Fiルーターの無料レンタル
  • ゲーム機の無料プレゼント
  • 有料オプションの割引など

受け取れる申し込み特典は、申し込む窓口によって異なります。

とくに、キャッシュバックや月額料金の割引額には大きな違いがあるため、申し込んだ窓口によっては1万円近く損することも珍しくありません。

申し込み前にチェック!悪質な代理店の特徴3つ

申し込み前にチェックしたい悪質な代理店の特徴3つを解説

プロバイダと比べて代理店では、キャッシュバックが高かったり、選べる特典が多いなど、キャンペーンの内容が豪華なケースが多いです。

そのせいか「プロバイダより代理店から申し込んだほうがお得」と勘違いする人も少なくありません。

しかし、豪華すぎるキャンペーンには罠が潜んでいることもあるのです。

そこで、ネット回線に申し込む前に知っておくべき悪質な代理店の特徴を3つ紹介します。

有料オプションに加入しないとキャッシュバックがもらえない

キャッシュバックを受け取るために、複数の有料オプションへの加入が条件づけられている場合、悪質な代理店である可能性があります。

オプションの月額料金は1つにつき、300~1,000円前後であることが多いです。
高額なキャッシュバックがもらえるとは言え、有料オプションを利用すれば、そのぶんだけ月額料金も高くなります。

さらに悪質になると、加入するオプションや料金、詳細な条件が申し込むまで分からないケースもあるのです。

そのため、高額キャッシュバックのために必要ないオプションの追加が義務付けられている窓口からは申し込みを控えたほうが良いでしょう。

あえて複雑な申請手続きを設けている

受け取り手続きが分かりづらいのも、悪質な代理店によくある特徴でしょう。

悪質代理店では、あえて申請手続きを複雑にして特典のもらい忘れを狙っているのです。

キャッシュバックなどの特典は、回線事業者から代理店に支払われる成功報酬を元手に、顧客側に還元されます。

顧客側が特典を受け取れなければ、そのまま代理店の利益になるため、自社の売り上げのために「わざと」申請手続きを複雑にしているのです。

特典を受け取れないように、以下のような手口を使っているケースもあります。

■悪質代理店がよく使う手口

  • 手続きが複数回に分かれており、それぞれで期限や申請方法が異なる
  • 特典の受け取りが申し込みから半年以上かかる
  • 受け取り時期が近づいてきても案内がない
  • 問い合わせても手続き方法を教えない
  • そもそも手続きが必要な旨を伝えない

もしいずれかに当てはまる代理店であれば、他の窓口からの申し込みをオススメします。

強引でしつこい勧誘

何回断ってもしつこく勧誘してくる場合も、悪質な代理店と考えてよいでしょう。

悪質な代理店がしつこく勧誘する理由は、営業マンが自分のノルマを達成したいからであり、利用者のためを思って勧誘しているわけではありません。

逆に、優良代理店であればしつこい勧誘は行わないため、何度断っても勧誘してくるようであれば、悪質代理店であると考えて良いでしょう。

人気の光回線のオススメ窓口を紹介!

「代理店とプロバイダのどっちで申し込んでもOK」と言われても、たくさんの窓口からどこを選ぶべきなのか迷っている方もいるでしょう。

ここからは、人気の光回線3社を対象に、オススメの優良代理店をご紹介します。

■人気回線別オススメ窓口
回線 オススメ窓口
NURO光 So-net特設ページ
auひかり NNコミュニケーションズ
ソフトバンク光 NEXT
ドコモ光 GMOとくとくBB

【NURO光】So-net特設ページ

NURO光はSo-netの特設ページからの申し込みがオススメ

NURO光を申し込むなら、提供元のSo-netが行っている 公式キャンペーンの特設ページ から申し込むのがおすすめです。

特設ページからNURO光を申し込むと、45,000円のキャッシュバックがもらえます。

NURO光公式キャンペーン
  • キャンペーン:45,000円キャッシュバック
  • 月額料金:4,743円
    ※戸建て、マンションミニ共通

【厳選】NURO光キャンペーン比較』でも解説している通り、他の窓口では、キャッシュバックを受け取るために有料オプションへの加入が必須です。

そのため、ネットの申し込みだけで高額キャッシュバックがもらえるSo-net特設ページは、かなりお得であると言えるでしょう。

さらに、40,000円の工事費が実質無料になったり、訪問サポートが初回無料になるなど、キャッシュバック以外にもお得なキャンペーンが適用されます。

また、提供元のSo-netが直接運営している安心感も大きく、受取時期も開通の6ヶ月後のため、手軽かつ確実にキャッシュバックを受け取りたい方にもオススメです。

【ソフトバンク光】NEXT

ソフトバンク光の申し込みはNEXTがオススメ

ソフトバンク光に申し込むなら、正規代理店である NEXT がもっともオススメです。

ソフトバンク光代理店NEXT
  • キャンペーン
    新規:最大56,000円キャッシュバック
    転用:最大35,000円キャッシュバック
    手続き不要
    最短翌々月振り込み

  • 月額料金
    戸建て:5,200円
    マンション:3,800円

NEXTでは、ソフトバンクが行っている公式キャンペーンに加え、NEXT独自のキャンペーンも適用されます。

■NEXTのキャンペーン
※下記のいずれかひとつ選択

  • 特典A:56,000円キャッシュバック
  • 特典B:51,000円キャッシュバック+高速Wi-Fiルータープレゼント
  • 特典C:Nintendo Switchプレゼント

■ソフトバンク公式のキャンペーン

  • 最大24,000円分の工事費が実質無料
  • 他社解約時の違約金や回線撤去費を最大10万円負担

特典はネットの申し込みのみで受け取れるため、有料オプションの加入は必要ありません。

受け取り手続きも非常に手軽で、申し込むタイミングで振り込みを希望する銀行口座を伝えるだけなので、めんどうな手続きが苦手な方にもピッタリでしょう。

【auひかり】NNコミュニケーションズ

au光の申し込みはNNコミュニケーションズがおすすめ

auひかりを申し込む際は、正規代理店の NNコミュニケーションズ からの申し込みがもっともお得です。

auひかり正規代理店 NNコミュニケーションズのキャンペーン
  • キャンペーン:
    ネットのみ:45,000円キャッシュバック
    ネット+電話:52,000円キャッシュバック
  • キャンペーン期間:2021/1/1~2021/1/31
  • 戸建てタイプ月額料金:4,900~5,100円
  • マンションタイプ月額料金:3,800円~

NNコミュニケーションズでは、戸建てなら最大52,000円、マンションなら最大52,000円のキャッシュバックキャンペーンを行っています。

■NNコミュニケーションズのキャッシュバック
住居タイプ キャッシュバック
戸建て ネットのみ:45,000円
ネット+電話:52,000円
マンション ネットのみ:40,000円
ネット+電話:47,000円

キャッシュバック金額が5,000円減るかわりに、最新の高速Wi-Fiを同時に受け取ることもできます。

キャッシュバックや高速Wi-Fiルーター以外にも、プロバイダの有料オプションが割引されたり、回線工事費が実質無料特典が適用されるため、ネットのみの申し込みでもお得度が高い窓口です。

NNコミュニケーションズのキャンペーン詳細については、NNコミュニケーションズの評判を比較検証で解説しています。

とにかく安く使いたい方にはSo-netもオススメ!

キャッシュバックではなく、毎月のインターネット代を節約したい方は、月額料金の大幅割引を行っている So-net からの申し込みがオススメです。

So-net auひかり公式キャンペーン
  • キャンペーン: 月額大幅割引
    戸建て:総額69,220円
    マンション:総額61,680円
  • キャンペーン期間:2021/1/1~2021/1/31
  • 戸建てタイプ月額料金:3,780円
  • マンションタイプ月額料金:2,480円

So-netの月額大幅割引キャンペーンは、開通から3年間適用されます。
適用時の割引金額は、以下のとおりです。

■So-net auひかり戸建ての料金
利用期間 月額料金 工事費/月 割引/月 実際の支払/月
1~11カ月目 5,100円 625円 -2,225円 3,500円
12~23カ月目 5,000円 -2,125円
24~36カ月目 4,900円 -2,025円
37~60カ月目 0円 5,525円
割引期間終了後 0円 0円 4,900円

戸建ての場合、3年間の割引合計額は69,220円にもなります。

先ほど紹介したNNコミュニケーションズのキャッシュバックは最大52,000円ですから、So-netは約2万円以上もお得です。

また、マンションでauひかりを利用している場合も割引は適用されます。

■So-net auひかりマンションの料金
利用期間 月額料金 工事費/月 割引/月 実際の支払/月
1~24カ月目 3,800円 1,250円 -2,950円 2,100円
割引期間終了後 0円 0円 3,800円

マンションプランの3年間の割引総額は61,680円のため、戸建てとマンションのいずれも、So-netのキャンペーンがお得であるのが分かります。

また、So-netのキャンペーンは開通月から自動的に適用されるため、キャッシュバックキャンペーンのように別途手続きを行う必要がないのもメリットと言えるでしょう。

さらに、月額料金の割引だけでなく、auひかり公式の下記キャンペーンも受け取れます。

  • 工事費が実質無料になる初期費用相当額割引
  • 他社の解約違約金を負担するauひかりスタートサポート

So-netのキャンペーンについては、当サイトのauひかり×So-netの月額料金大幅割引の詳細をご覧ください。

【ドコモ光】GMOとくとくBB

ドコモ光の申し込みにオススメの窓口は、 GMOとくとくBB です。

GMOとくとくBBで申し込むと、最大20,000円のキャッシュバックがもらえます。

キャッシュバック以外にも、「プロバイダ+ドコモ光公式」と2つのキャンペーンがもらえるので特典の内容が他の窓口よりも豪華です。

  • 新規の回線工事費が無料
  • 最大20,000ptのdポイントプレゼント
  • 訪問サポートが初回無料
  • v6プラス対応の高速Wi-Fiルーターを無料レンタル
  • セキュリティサービスが1年無料

申し込み窓口を選ぶときはキャンペーンに注目すべし

申し込み窓口を選ぶときはキャンペーンに注目しよう

光回線を申し込むとときには、プロバイダや代理店の事業内容の違いにこだわるよりも、申し込み窓口を選ぶときはキャンペーンの内容に注目しましょう。

とくに、キャッシュバックは窓口によって金額や受け取り時期、申請方法が異なるため、申し込み前に必ずチェックしておくのが重要です。

関連記事
NURO光とBBIQ光、どっちがおすすめ? NURO光とBBIQ光を比較!九州の最強回線はどっち?
回線比較
どちらも九州で利用できる回線であるNURO光とBBIQ光を、料金・速度・エリア・セット割・キャンペーンの5つのポイントで比較してみました。九州に住むなら、どちらがおすすめなので...
どちらがお得?NURO光と光コラボを5つのポイントから徹底解説!
回線比較
NURO光と光コラボのサービス内容について比較しています。光回線を申し込むとき、NURO光か光コラボのどちらかで迷っている方も多いでしょう。この記事では、それぞれの料金や速度...
JCOMはマンションで速度が遅い?実際の速度と口コミを調査
回線比較
J:COMをマンションでの速度が遅いのかをまとめています。ケーブルテレビとインターネットを提供しているJ:COMは、多くのマンションに対応しているため、契約するかお悩みの方も少...
ネクスト光 ネクスト光とNURO光の料金や解約金を比較!同じ2Gbpsでも衝撃的な違いあり
回線比較
ネクスト光はNURO光の設備を使ったOEMサービスになるため、通信速度は理論上同じ最大2Gbpsです。ただ、月額料金や解約金、工事費などに関しては大きな違いがあります。特にネクス...
NURO光の公式ページのキャンペーン SoftBank Air(ソフトバンクエアー)とNURO光を比較!NURO光への乗り換え方法は?
回線比較
SoftBank AirとNURO光の違いを、回線速度や月額料金、工事の点で比較しました。結論としては、速度やコスパの面でNURO光がおすすめです。また、SoftBank AirからNURO光に乗り換え...