auひかり乗り換えガイドトップ>auひかり エリア確認

auひかりエリア確認方法と使えない地域

このエントリーをはてなブックマークに追加
×

関東地方を中心に始まったauひかりですが、現在全国的に提供エリアを広げています。
今までNTTのフレッツ光しか選択肢が無かった地域でもauひかりの進出によってサービスの選択肢が広がりました。

ただ、提供エリアが広がっているとは言え、auひかりが使えないエリアはまだ存在します。

auひかり・エリアチェック

エリア検索は各プロバイダの公式ページから確認できます。

また、auひかりのエリア確認なので、どこのプロバイダで確認しても提供エリアは全く同じです。
それでは、auひかりのプロバイダとして人気の高いSo-netでエリア確認をしてみましょう。

ホームタイプ・戸建てのエリア確認方法

auひかり戸建てのエリア確認

ホームタイプ、戸建て住宅向けのエリア検索方法です。
マンション、アパートにお住まいの方はこちら

1.まず下記のリンクをクリックしSo-net公式ページにアクセスします。

So-net光 auひかり


2.画面を下に少し下げるとエリア確認フォームがあります。

お住まいの住所の郵便番号を入力し、住居形態で「戸建て」を選択します。
選択したら「提供エリアの確認」ボタンをクリック。


3.お住まいの住所を選択します。


4.番地・号を入力してください。


5.エリア判定結果が表示されます

もし、auひかりが利用できない場合、auひかりが使えない方にお勧めの回線もご覧ください。

マンションタイプ・集合住宅のエリア確認方法

auひかりマンションエリア確認

マンションやアパートなどの集合住宅のエリア確認方法です。

1.まず下記のリンクをクリックしSo-net公式ページにアクセスします。

So-net光 auひかり


2.画面を下に少し下げるとエリア確認フォームがあります。

お住まいの住所の郵便番号を入力し、住居形態で「マンション」を選択します。
選択したら「提供エリアの確認」ボタンをクリック。


3.お住まいのマンションを選択します。


4.エリア判定結果が表示されます。


未対応マンションだった場合は?

お住まいのマンションやアパートがauひかりに対応していない場合、以下のように表示されます。

しかし、このように表示されてしまっても、絶対に使えない訳ではありません。
マンションタイプのエリア確認では、あくまでお住まいのマンション自体にauひかりの設備が導入されているかの確認となります。

そのため、お住まいのマンションがauひかりに対応していないだけで、お住まいの地域自体はauひかりが対応している可能性があるのです。
その場合、小規模な集合住宅・アパートや、マンションの低層階であれば、戸建てタイプを導入できる可能性が残っています。

戸建てタイプのエリア確認にてOKが出れば、申し込み事態は可能となります。
ただ、お住まいの集合住宅の管理会社などにauひかりを導入する旨を伝え、許可を得る必要はでてきます。

目次へ戻る↑

auひかりが絶対使えない地域

auひかりを提供しているKDDIは関西エリアでサービス提供を行っているeo光と業務提携を行っています。 また、中部エリアでサービス展開しているコミュファ光はKDDIに買収されており、KDDIグループと傘下となりました。

そのため、auひかりではeo光とコミュファ光との競合を避ける目的で、関西エリア及び、東海エリアの戸建てタイプのサービス提供は行っていません。
ただ、auひかりのマンションタイプのみ通常通り提供が行われています。

auひかり戸建てタイプが提供されないエリア

関西エリア
滋賀県、 京都府、 大阪府、 兵庫県、 奈良県、 和歌山県、 福井県

中部エリア
岐阜県、 愛知県、 静岡県、 三重県

目次へ戻る↑

auひかりが使えない人にお勧め回線

auひかりに申し込みしたくても提供エリア外であれば申し込むことは出来ません。 また提供エリア内であっても、自宅周りの状況で工事が出来なかったり、賃貸物件で大家さんの許可が下りなかったり等で、 auひかりが使えない場合も考えられます。

auひかりに類似した割引サービスや、高速通信が可能な回線をご紹介します。

So-net光コラボ

So-net光コラボ

So-net光コラボはソフトバンク光やドコモ光などと同じように、NTTのフレッツ光網を使った光コラボサービスです。 光コラボは提供エリアが非常に広く、しかも各種割引などが充実しており月額料金も安く利用できることからフレッツ光からの乗り換えが進んでいます。

他の光コラボ事業者と大きく違い点として、auスマホとのセット割りが適用できる点です。
So-netはソニーグループのプロバイダですが、KDDIと提携を行うことでSo-net光コラボでもauスマホとのセット割りが実現しました。

そのため、提供エリア外や工事不可など、auひかりが何だかの理由で使えない方の代替回線としてピッタリなサービスと言えるでしょう。

So-net光コラボはフレッツ光の回線を使っているので、基本的にフレッツ光の提供エリア内であれば申し込みが出来ます。 auひかりと比べると圧倒的に提供エリアが広いので、例えauひかりが提供エリア外で使えなくても、So-net光コラボには申し込みが出来る可能性が高いでしょう。

また現在フレッツ光を使っている方であれば、新たに工事を行う必要が無く、そのまま転用手続きが出来ます。 既存のフレッツ光の回線や宅内機器なども一切変更無く乗り換えが可能で、なおかつauスマホとのセット割り等も適用されるので、 So-net光コラボは光コラボ事業者の中でも高い人気があります。

So-net光コラボの詳細について

So-net公式ページ: So-net 光 コラボ

WiMAX

WiMAX auひかりと同じKDDIグループであるUQコミュニケーションズが提供しているモバイルWi-Fiサービスです。 光ファイバーのような固定回線ではないので、特に工事などの必要はありません。

また、同じKDDIグループなのでauスマホとのセット割りも適用できます。 そのため、提供エリア外だったり、工事自体が出来ない場合などでauひかりが使えない方にWiMAXは非常にお勧めです。

ただ、スマホのLTEと同じようにモバイル回線なので利用エリアや自宅の周辺環境によっては回線が安定せずに、速度低下が起きる可能性もあります。 外出先で頻繁にインターネットを使用しない場合はSo-net光コラボの方がお勧めです。

またWiMAX自体はUQコミュニケーションズが提供していますが、他の事業者にも回線の貸し出しを行っているので、UQ以外のプロバイダで契約する事も出来ます。 So-netやBIGLOBE、@niftyなどおなじみの大手プロバイダでもWiMAXへ申し込みが可能です。

プロバイダが違っても回線自体はUQコミュニケーションズが提供しているので提供エリアやスマホセット割りなどの条件は全く同じです。

WiMAXの詳細について

目次へ戻る↑

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
auひかりの月額料金
auひかり戸建てとマンションタイプの月額料金を解説|2年縛りと3年縛り、違約金の違いなど
フレッツ光からauひかりへ乗り換え注意点
【フレッツ光からauひかりへ乗り換え注意点】フレッツ光解約時の厄介なプロバイダ連絡や違約金、電話番号継続方法などを徹底解説
auひかりの工事費
auひかりの工事費と実質無料のカラクリを解説!初期工事費は無料にできる?
高額キャッシュバックのコツ
auひかりお得なキャンペーンを適用するためには|高額なキャッシュバックは逆に損をする?キャンペーン内容に騙されないために