auひかり乗り換えガイドトップ>auスマートバリュー

auスマートバリュー、スマホセット割り

このエントリーをはてなブックマークに追加

auスマートバリューとはauひかりとauのスマートフォンを同時に使う事で得られる割引サービスです。
スマホ側のデータプランによって割引額が異なり、スマホ1台に付き934〜2,000円の割引が受けられます。

割引はスマートフォン1台につき最大2,000円なので、複数台のスマートフォンを登録すると最大2,000円×契約台数分の割引が適用されます。 そのため、ご家族などでauのスマートフォンを利用していると、家族全員が割引を受ける事ができます。
(割引はスマートフォン10台まで可能。)

また注意点として契約しているデータプランによって割引を適用してから2年間過ぎると割引額が少なくなることに注意が必要です。

毎月の割引額
データプラン2年以内2年以降
30GB/月2,000円934円
5/8/20GB/月1,410円934円
2/3GB/月934円934円

さらにこの割引サービスを利用すると、auひかりの無線LAN機器利用料(500円)が無料となります。 ご自宅に無線LANルーターが無くレンタルを検討している方にはお勧めの割引サービスです。

ガラケーでも適用可能!

auスマートバリューはauスマホだけの割引サービスでは有りません。 auのガラケーでも割引を適用する事が可能です。

しかし、条件としてガラケー側で「電話カケ放題プラン/ケータイ・データ付」での契約が必須となります。 このプランは電話のカケ放題とインターネットの使い放題がセットになったプランです。

ただ、このプランは国内通話やネット接続の利用が多い方向けのプランで、月額料金も7,000円以上となり 、スマホ並みの料金がかかります。 auのガラケーでは、カケ放題やネット使い放題が必要ない場合、月額2,000〜5,000円ほどで使えるので、スマートバリューだけのためにプランを変更するのはお勧めできません。

あくまで、スマートバリューでauガラケー&auひかりのセット割りを適用する場合、元々ガラケーでの通話やネット接続の使用頻度が多い方にお勧めです。

auスマートバリューの注意点

家族での適用条件

auスマートバリューは、auひかりの契約者の姓及び住所と、auスマートフォンの契約者の姓及び住所 が同じである必要があります。
つまり、スマホの契約者が同一姓・同一住所の場合のみ適用されます。

ただ、別姓の場合は同一住所であることが証明できれば、スマートバリューを適用することが可能です。

50歳以上は別住所でもOK

auスマートバリューを家族内で利用しているスマホでも適用してい場合、基本的に同一姓・同一住所の条件があります。 しかし、適用したいスマホの契約者が50歳以上であれば、一緒に住んでいなくても適用が可能です。

この場合、家族であることが証明できればスマートバリューの適用が可能です。例えば、健康保険証や住民票、戸籍謄本などで証明できれば問題ありません。

ひかり電話の申し込みが必須

auスマートバリューで割引を適用するためには、auひかり側でオプションのauひかり電話に申し込む必要があります。
このauひかり電話は自宅の固定電話サービスとなり、一般的なNTT加入電話(月額1,700円ほど)と比べて月額料金が大幅に安くなるので、 自宅に固定電話をお持ちの方はほとんど申し込みをするサービスです。

仮に自宅に固定電話を持っていなくて、auひかり電話が必要ないって方であってもauスマートバリューの割引のために申し込みをお勧めします。 なぜならauひかり電話の月額料金は500円です。
スマートバリューでスマホとのセット割りを適用すれば最低でも934円の割引が毎月適用されるので、auひかり電話の月額料金の500円以上に割引を適用する事が出来るためです。
そのため、auスマホを使っているのであれば、例え固定電話が不要であってもauひかり電話の申し込みをした方がお得です。
また、スマホのデータプランが5GB/月の方や家族にauスマホを他にお持ちの方が居れば、さらに割引額を増やすことも可能です。

auスマートバリューの申し込み方法

この割引サービスの良いところは、スマートフォンとauひかりを同時に申し込みする必要がありません。
auスマートバリューへの登録後から割引がスタートするため、すでにスマートフォンやauひかりのいずれかを利用している場合も 後から追加する事ができます。

スマートバリューの申し込みは、まずauひかりの申し込みを行い、auひかりが開通した後に、お近くのauショップに足を運び登録する事が可能です。
また、auのスマートフォンや、auひかり電話から157をダイヤルし、KDDIお客さまセンターで登録する事も可能です。

auショップ検索

auひかり電話・番号継続の注意点
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
auひかり電話・番号ポータビリティ
auひかり電話に電話番号を移行(番号ポータビリティ)をする方法と注意点|こんな場合はポータビリティ不可
auひかりプロバイダキャンペーン比較
auひかりに対応した7つのプロバイダのキャンペーンを比較!分かりやすく一覧にまとめてみました
フレッツ光とauひかりの比較
【比較】料金、割引、速度までいろいろ違う!フレッツ光とauひかりを詳しく比較しました
auひかりの月額料金
auひかり戸建てとマンションタイプの月額料金を解説|2年縛りと3年縛り、違約金の違いなど