auひかり乗り換えガイドトップ>auひかりの初期工事費

auひかりの工事費は本当に無料?初期工事費のカラクリについて詳しく解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネットの申し込みをする際、一番気になるのが初期費用だと思います。 特に光ファイバーの場合、実際の引き込み作業などが加わるので、高額な工事費が請求されるのではないかと心配している方にも中にはいるのではないでしょうか?

このページではauひかりの工事費や、工事費が無料になるカラクリなどについて詳しく説明します。

auひかりの工事費のカラクリ

そもそも光ファイバーの導入は3万円近い工事費が必要でした。

これを光ファイバーを提供する各社が 普及のために無料しだしたので、数年前から光ファイバーの導入には料金がかからないという概念が 生まれました。

しかし、現在は自宅の固定回線と言えば光ファイバーが当たり前の時代になったため、どこの回線を使っても高額な工事費が請求されます。
はっきり言ってしまうとauひかりではも初期工事費が請求されます。

しかも戸建てタイプで37,500円と高額な工事費です。
この工事費は月額1,250円、30ヶ月の分割で請求されます。
(マンションタイプは工事費30,000円月額1,250円×24ヶ月の分割

ギガ得プラン等で月額料金をかなり安く抑える事が出来ても、これでは得した気になれません。

しかし、この工事費にはカラクリがあり、実質的には工事費の負担はゼロになります。

実はauひかりに申し込むとキャンペーンで30ヶ月間、毎月750円の割引が適用されます。
さらにひかり電話に申し込むと月額の500円が30ヶ月間無料となります。
固定電話を利用している方はひかり電話にすると基本料金が安くなるのでほとんどの方は この二つの割引が適用されています。

戸建てタイプ「ギガ得プラン」の月額請求例

インターネット料金5,200円
電話基本料500円
工事費分割1,250円
割引-1,250円
合計5,700円 + 消費税

工事費の分割払い終了後 (31ヵ月目以降)

インターネット料金5,200円
電話基本料500円
合計5,700円 + 消費税


工事費を請求して、全く同じ料金を月額料金から割り引くことで、 工事費がまるまる戻ってくる仕組みとなり、実質工事費が無料となります。

工事費を請求して、割引で相殺させる。
ではなぜこんなことをしているかと言うと、簡単に言えば長く使ってもらうためです。
この工事費の分割支払いは払い終わる前に、auひかりを解約してしまうと残りの残金が請求されます。
そのため、ほとんどのユーザーは工事費の分割が終わるまでは解約を先延ばしにするため、 結果として長く使ってもらう事が出来るのです。

工事費の分割払いは割引で相殺
工事費の支払い分は無くなる
目次へ戻る↑

工事が無くても工事費が発生?

auひかりの申し込みでは場合によっては、ほとんど工事が必要ない場合もあります。 例えばマンションタイプですでにauひかりの設備が入っている集合住宅では、工事と言うほどの作業は必要ありません。

集合住宅の共有部分にすでに光ファイバーが引き込みされており、なおかつ各部屋にも光ファイバーまたはメタル線などが配線されています。 そのため、工事業者の方がスイッチを切り替えるだけで、auひかりの開通工事が完了します。

また、戸建てタイプであっても以前にauひかりを使っていた方であれば、KDDIの光ファイバーを撤去せずにそのまま残しておくこともあります。 必要な光ファイバーケーブルが既に宅内に引き込みされた状態での申し込みなので、当然工事の必要はありません。

しかし、このようにほとんど工事が必要ない状況であっても、基本的に正規の工事費が請求されます。 既にご説明した通り、auひかりの工事費は戸建てタイプで37,500円、マンションタイプだと30,000円となり、毎月の割引で相殺され実質無料となります。

auひかりでは工事の必要の有無に関わらず工事費が請求され割引で相殺されるスタイルに変わりはありません。

また、auひかりだけでなく、他社の光ファイバーで申し込みをしても基本的に工事費はかかります。 例えば、以前にフレッツ光を使っており光ファイバーケーブルを撤去せずにそのまま残しておいたとしても、再度フレッツ光の申し込みを行った場合に工事費が請求されてしまいます。

目次へ戻る↑

工事費無料は、今や幻!工事費は必ず請求

数年前までは、光回線の工事費は無料が当たり前で、 各事業者は「工事費無料」、「3ヵ月無料」などのお得なキャンペーンを打ち出し、多くの顧客を獲得してきました。
そのため、現在日本では3世帯に1世帯の割合で光ファイバーを使ったインターネットサービスが 導入されています。

しかし、工事費無料は今や過去の話です。数カ月でサービスを辞めてしまう人や、 光回線サービスの代理店による不正申し込みが相次いだため、現在ほとんどの事業者で工事費を請求し、 なおかつ最低2年間の契約期間が設けられています。

たまに、代理店の広告などで、「今なら工事費無料!」「このページ限定で初期費用免除!」 などと書かれている場合がありますが、実際は無料にはなりません。 auひかりのように月額の割引で工事費を相殺されるシステムがあるため、「工事費無料」と言っているだけです。

現在では、NTTのフレッツ光を始め、NURO光や各電力会社のサービス、ケーブルテレビ会社など、 数万円の初期工事費が請求される事が当たり前になってしまいました。

目次へ戻る↑

auひかりは解約でも撤去費用がかかる?

auひかりのような光ファイバーやケーブルTV回線などで引き込んだ回線はサービスを解約する際、通常撤去を行います。 注意点として、この光ファイバーなどの回線を撤去するためには別途撤去費用がかかってしまいます。

事業者によって撤去費用は様々ですが、auひかりの場合10,000円の回線撤去費用がかかります。

解約の際にかかる費用としては少し高額なので、可能であれば払いたくないお金でしょう。
実は、この撤去費用を払いたくない場合、光ファイバーの撤去を行わなければいいのです。

インターネットの回線引き込みは電柱から宅内の壁に設置された光コンセントまで行います。 解約する際、自宅に設置されたホームゲートウェイと呼ばれる宅内機器は、簡単に光コンセントから外せるようになっており、そのまま送り返すだけです。

光ファイバーの撤去を行わなくても、部屋の中に配線や機器が残る訳ではないので、光ファイバーケーブルが邪魔になることはありません。

また光ファイバーの導入工事の場合、元々引き込みされていた電話線と同じ場所に、追加してケーブルが1本増えただけです。 家の外から見ても、見た目的に光ファイバーが導入されていること自体、ほとんど分からない状態なので、特に気にしない方であれば撤去しなくても問題はありません。

auひかりを解約する際の回線撤去は回線撤去費用がかかるので、必須ではありません。 どうしても気になる場合には撤去をお願いしましょう。

賃貸の場合は?

もし自宅が賃貸住宅の場合、回線撤去に関して自分では判断できません。 当然撤去する分には自分で勝手にKDDIに依頼して撤去してしまえば問題ありません。

しかし、もし撤去費用の関係で回線撤去を行いたくない場合、大家さんの判断になってしまいます。

ただ、仮に大家さんから撤去を求められたとしても、すぐに撤去を行う必要はありません。
あまり無いケースだと思いますが、仮に同じ賃貸住宅に長期で住んでいて、将来的にauひかりに再度申し込みをする可能性がある場合、 回線を残しておくことをお勧めします。
その際、回線導入工事の必要が無いため、大きく手間を省くことが可能です。 (導入工事が無くても工事費は通常通りかかります)

回線撤去は賃貸契約を解除するまでに撤去をすれば良いので、自宅を引っ越すことが決まった時までにKDDIに撤去依頼を出しておきましょう。

目次へ戻る↑

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
フレッツ光からauひかりへ乗り換え注意点
【フレッツ光からauひかりへ乗り換え注意点】フレッツ光解約時の厄介なプロバイダ連絡や違約金、電話番号継続方法などを徹底解説
還元率100%で翌月にキャッシュバック還元
【最短1ヶ月で振込】還元率100%で確実にキャッシュバックが貰える申し込み方法
auひかりの月額料金
auひかり戸建てとマンションタイプの月額料金を解説|2年縛りと3年縛り、違約金の違いなど
auひかり電話・番号ポータビリティ
auひかりとスマホのセット割り|auスマートバリューの適用条件と月額の割引額をおさらい