高速モバイル通信と光ファイバー

このエントリーをはてなブックマークに追加
高速モバイル通信は主に外出先でインターネット接続が必要な場合に使われる通信手段です。
もちろん外出先だけではなく、自宅で利用している方もたくさんいます。
工事が必要なく、さらに契約の手軽さに加え、高速通信が可能な事から、急激に普及してきました。

頻繁にWi-Fi(ワイファイ)と呼ばれることがありますが、これは間違った使い方で、正しくは「高速モバイル通信」です。 使用される端末で、もっとも人気があるのが「モバイルWi-Fiルーター」と呼ばれる端末のため、間違って「Wi-Fi」と呼ばれるようになりました。
有名な通信会社だと、Docomo、イーモバイル、KDDIグループのUQ WiMAXなどがあります。

高速モバイル通信光ファイバー
通信速度40Mbps〜100Mbps100Mbps〜2Gbps(2000Mbps)
月額料金3000円〜4000円4000円〜7000円
初期費用0円〜40,000円3000円〜40,000円
開通までの時間即日〜1週間1ヶ月〜3ヶ月
無線LAN(Wi-Fi)利用可利用可
IP電話不可利用可
NTT電話加入権不要不要

通信速度

高速モバイル通信の通信速度は、最大で75Mbpsです。これは最新のLTE接続に対応したプランに申し込む必要があります。
ただし、100Mbpsはあくまで理論値なので、実際は速度低下が起こります。
しかもモバイル通信の場合、実際に線で接続されている訳ではないので、信号の損失も光ファイバーに比べて、 大きいと言えます。

そのため外出先で利用する予定がなく、速度重視でインターネットに接続したい場合は光ファイバーがお勧めです。

初期費用

高速モバイル通信は工事が無いため工事費はかかりません。
その代わりに端末代金が必要になります。端末によって料金が異なりますが、最大で40,000円近くかかる場合があります。 ただし、多くのプロバイダでは端末代金を無料し、その代わりに1〜2年の最低利用期間が設けられています。

これは光ファイバーの工事費も同様です。無料にはなりませんが、工事費がかかる分、工事費分を毎月割引で相殺しています。
そのため、光ファイバーでも高速モバイル通信でも、初期費用の負担はほとんど無いと言っていいでしょう。

auひかりは初期工事費がかかる?

開通までの時間

すぐにでもインターネットの開通が必要な方には光ファイバーは、お勧めできません。
光ファイバーの場合、工事が必要なため、申し込みから開通まで1ヶ月から3ヶ月ほどかかってしまいます。

高速モバイル通信では工事が必要ないため、端末さえ手に入ればすぐにインターネットを開通させる事が出来ます。

ダイアルアップとの違い

auひかり基礎知識に戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
auひかりがエリア外でもOK!スマートバリューが使えるネット回線 auひかりとauスマホとのセット割であるスマートバリューは割引率が非常に高くお得な割引として知られています。しかし中にはauひかりが使えないため諦めている方もいるでしょう。a...
auひかり最高額キャッシュバック徹底解説・レジェンドのキャンペーン auひかりはどこで申し込んでも月額料金は変わりません。そのため最初のキャッシュバックで得をするか損をするかが決まってしまいます。株式会社レジェンドでは現在業界最高額のキ...
auひかり電話|電話番号が引き継げないケース、スマホセット割り条件
auひかり
auひかりではNTTのひかり電話同様のサービス、「auひかり電話サービス」が利用できます。ひかり電話は今までのNTTの加入電話ともIP電話とも異なる、全く新しい固定電話と言えるで...
キャッシュバックが早い?NNコミュニケーションズの評判を比較検証 auひかりの申し込みはキャッシュバックに関するトラブル多く信用できる代理店を探すのは困難です。今回紹介する代理店はキャッシュバック還元率100%を維持。確実に受け取れる上に...
NURO光とauひかりの決定的な違い|料金や速度まで徹底比較
auひかり
NURO光とauひかりを比較すると料金や速度、オプションに至るまで決定的な違いがあります。このページでは両者の違いを分かりやすく解説しました。またNURO光を申し込む際、キャン...