auひかり乗り換えガイドトップ>ドコモ光、ソフトバンク光との比較

速度、スマホ割まで徹底比較!ドコモ光、ソフトバンク光とauひかりの違い

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年2月から多くの事業者でフレッツ光の回線設備を利用した光コラボレーションがスタートしました。 これにより、ドコモ光やソフトバンク光などの新しいサービスの提供が始まりました。

このページではドコモ光、ソフトバンク光、auひかりとの比較をしてみたいと思います。

回線速度の違い

ドコモ光、ソフトバンク光ともにNTTフレッツ光の機器、設備などをそのまま丸ごと利用してサービス提供されています。 そのため、回線品質や速度、安定性などフレッツ光と全く変わりません。

最大速度はどのサービスも最大1Gbpsとなっており全く変わりません。 しかし、フレッツ光との速度比較でもご説明したようにフレッツ光よりもauひかりの方が技術的な点から速度が出やすくなっています。
つまり、フレッツ光の機器と設備を使っているドコモ光やソフトバンク光に関してもauひかりの方が速度が速くなる可能性が高くなります。

最大速度は同じだが、技術的な点から
auひかりの方がスピードが出やすい
目次へ戻る↑

ドコモ光、ソフトバンク光とauひかりの料金比較

ドコモ光、ソフトバンク光、auひかりの戸建てタイプでの料金で比較してみました。

ドコモ光5,200または5,400円
ソフトバンク光5,200円
auひかり5,200円

ドコモ光のみプロバイダによって多少料金が高くなりますが、基本的に3社とも同水準の料金となっています。
マンションタイプについては、プランがたくさんあり説明が複雑になるので記載していませんが、 基本的に3社とも大きな料金の差は無いと言っていいでしょう。
auひかりのマンションタイプの料金についてはauひかりの料金で詳しく説明しています。

ドコモ光だけプロバイダによって料金が高くなるが、
基本的にどの事業者も料金はほぼ同じ
目次へ戻る↑

スマートフォンとの割引

ドコモ光、ソフトバンク光の登場で大手携帯電話会社3社ともスマホと光固定回線とのセット割が出そろった事になります。

スマホとのセット割は基本的にスマホ側のデータ定額プランによって割引率が変わってきます。 容量の大きいプランほど、高い割引率が適用される仕組みとなっています。

しかし、3社ともデータ定額プランのラインアップや割引率なども違ってくるため、どこが一番お得なのか比較が非常に難しくなってしまいました。

下記の表はドコモ、ソフトバンク、au、3社のスマホデータ定額プランでデータ定額容量が共通する部分を表にしてみました。
「定額料金」はスマホのデータ定額プランの月額料金です。「割引額」は光固定回線とのセット割を適用した際のスマホ1台あたりの月額の割引額となっています。

ドコモソフトバンクau
データプラン定額料金割引額定額料金割引額定額料金割引額
30GB8,000円1,100円8,000円2,000円8,000円2,000円
20GB6,000円900円6,000円1,522円6,000円1,410円
5GB5,000円800円5,000円1,522円5,000円1,410円
2GB3,500円500円3,500円500円3,500円934円

30GBプランではauひかりとソフトバンク光がお得

30GBプランではデータ定額料金は全く同じです。auとソフトバンクの割引額がドコモよりも高くなっています。

5、20GBプランではソフトバンク光がお得

5GB、20GBでも同じくデータ定額料金は全く変わらず、ソフトバンクの割引額がauひかりより100円ほど高くなっています。

2GBプランではauひかりがお得

3GBプランでも3社ともデータ定額料金は同じですが、auの割引額が最も高くなっています。

このように、5GB、20GBプランでのみソフトバンクに100円ほど割引額が負けていますが、全体的にauひかりとauスマホのセット割の方が割引率が高くなっていることが分かります。

セット割ではauひかり+auスマホのセットの方が
他社より割引率が高い

どうしてauひかりだけ割引率が高いの?

それではどうしてauひかりとauスマホのセット割だけ高い割引率が実現できるのでしょうか?
auひかりを運営するKDDIではドコモ光やソフトバンク光が始まるずっと前から、光固定回線とスマホとのセット割を実施していました。 CMなどで良く見かけるスマートバリューです。

このスマートバリューですが、実はauひかりだけが対象の割引サービスではありません。 eo光やコミュファ光、全国のケーブルテレビ会社などでauスマホとのセット割を受ける事が出来ます。 その数はなんと130社以上にもなります。


これは何のためかと言うと、KDDI一社だけでセット割を実現しようと思うとかなりの金銭的負担がかかってしまいます。 KDDIはあらゆる事業者と提携し、割引分を複数の会社で協力して負担することで高い割引率を実現しているのです。

セット割を早くから実施していた事で、多くの事業者がKDDIとすでに提携を結んでいるため、今さらソフトバンクやドコモが入る余地はありません。 そのため、ソフトバンクやドコモが同水準のセット割を実現する事が出来ないのです。

ちなみに、ソフトバンクはauひかりほどではありませんが、いくつかの事業者と提携しセット割を以前から提供していました。 そのため、ドコモと比べると割引率が高くなっています。

auひかりは多くの事業者と提携することで、
高い割引率を実現している!
目次へ戻る↑

ドコモ光にだけかかる工事費

光ファイバーの引き込み工事はどこの事業者も工事費がかかります。 auひかりを含めほとんどの事業者では工事費を分割で請求し、同時に工事費相当分の割引を毎月行う事で、 工事費を実質無料としています。

詳しくはauひかりは初期工事費がかかる?をご覧ください。

しかし、この工事費相殺分の割引ですが、ドコモ光に限っては適用されません。 18,000円の導入工事費を丸々分割で支払わなければなりません。
(18,000円は東日本エリア、西日本エリアは4,000円の工事費)

フレッツ光からの転用でも損?

ドコモ光とソフトバンク光はフレッツ光の回線を使ったサービスなので、 フレッツ光を使っている人はそのまま転用する事が可能です。

NTT東日本エリアでフレッツ光を使っている人は工事費を分割で支払っており、なおかつ工事費相当分の割引で工事費が実質無料もしくは実質大幅割引となっているはずです。
工事費の残金が残っている状態でドコモ光やソフトバンク光に転用した場合、工事費の分割はそのまま引き継がれ、払い続ける必要があります。

ソフトバンク光の場合、フレッツ光で受けていた割引も同時に引き継がれるので負担無しで転用する事が出来ます。
しかし、ドコモ光の場合、工事費の残金は引き継がれても、割引は引き継がれません。 そのため、フレッツ光からドコモ光に転用した場合、工事費の負担が増えることになってしまいます。

auひかり、ソフトバンク光では割引で工事費が実質無料
ドコモ光では割引がないため工事費がかかる
目次へ戻る↑

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
フレッツ光とauひかりの比較
【比較】料金、割引、速度までいろいろ違う!フレッツ光とauひかりを詳しく比較しました
モバイルWi-Fiとauひかりを比較
モバイルWi-Fiは遅い?auひかりとモバイル回線を比較!速度制限や通信速度にここまで違いがあった
So-net光コラボ
フレッツ光回線を使ったSo-net光コラボ!auひかりが使えなくてもスマホセット割り|高額キャッシュバックはどこ?
NURO光とauひかりの違い
NURO光とauひかりの決定的な違い!こんな人はNURO光を選ぶべき